英語のライティング

英語の書き方についてのブログです

ライティングの練習として和文英訳問題をしない方がいい理由



f:id:zisakuzienita:20200504033822j:image



学校の英作文の授業では日本文を英文に翻訳する練習したと思うんだけど、実際この練習って英語の書き方分かってる人ならいいんだけど、分かってない人だと逆効果になるからあまりおすすめしないね。

 

その理由は日本語を英語に翻訳する場合、

慣れてないと元の日本語の文章を利用して英語を書く癖が付きやすいから。

 

どういうことかというと

 

「これは彼女の本です」

 

という日本語が提示されてたら、

「これ」に相当する英語はthisで

次に動詞が来るから「です」を英語ではis.

そして「彼女の本」は英語でher bookで

文法使って文章組み立てて

 

This is her book.

 

という英文の書き方をしてしまいがちなんだよ。

確かに単純な文章ならこのやり方でも英文書けるよ。

でも元の文章が複雑になればなるほど書く英文は

日本語に影響された不自然な英文になっていく。

このやり方してる限り遅かれ早かれライティングの上達は

頭打ちになる。

というのはこういう書き方をしてる人って英語と日本語は単語レベルで一対一で対応してると思ってて、だからもとの日本文を部分部分に分けて、その部分に対応する英語が必ずあると思ってるからこういう元の日本文を利用した英文の書き方してしまうんだよ。

 

 

 

英語を書く上で絶対に認識していないといけないのは

 

「日本語と英語は一対一で対応していない」

 

ということなんだ。

これを理解してないとボロボロの英文書き続けることになる。

こうやって元の日本文を利用して書いた英文というのは見た瞬間分かる。背後にある日本文が透けて見えるから。余計な単語とかネイティブでも言わないような難解な言い回ししてる英文も結局は元の日本語の文章を利用して英語書いてるからなんだよ。元の日本語の文章で使ってるからといって、自然な英文では不必要な余分な単語を使ったり、元の日本文が難解な言い方してるからと言って、それに対応する英語を辞書で調べてきて適当に配置したりしている。こうやって出来上がった英文は本来日常的に使われてる英文とはまるでかけ離れてしまい、日本文の影響を受けた不自然な英文が出来上がることになる。これしてる英文はいくら文法的に正しくても不自然な英文になってしまう。つまり独りよがりの自己満足な英文であり、その英文が相手にどう伝わるのかという発想がまるでなく、ただ日本語を英語に翻訳して満足してしまってる。一つの英文としてきちんと相手に意味が伝わるのかという意識が欠けてる。

 

 

 

 

じゃあどうすればいいのかというと提示されてる元の日本文を使って英語に翻訳するんじゃなくて、その文が言いたい事を英語で書くんだよ。

どういうことかというと、もともと言葉というのは自分の言いたいことを相手に伝えるための道具だよね。相手が日本人なら自分の言いたい事を相手に伝えるために日本語という道具を使う必要がある。相手がアメリカ人なら自分の言いたいことを英語という道具を使って表現する必要がある。

 

自分が言いたい事⇒それを日本語の文章で表現する

自分が言いたい事⇒それを英語の文章で表現する

 

 

これが言葉の本質であって日本語を使ってる時はこれしてるはずなんだよ。でもなぜか英語を書く時は

 

 

自分が言いたい事⇒日本語の文章を思い付く⇒その日本文を使って英語に翻訳する

 

といった事をしてしまってる。間に日本文という余計なノイズが挟まってしまってるから日本語に影響された不自然な英文を書いてしまうんだ。

 

和文英訳問題するのはライティングの練習として良くないというのは、この余計な日本文というノイズを見て英文書くクセが付きやすいから。

和文英訳問題に限らず元の日本文が提示されててそれを英語にする必要があるなら、その日本文は一体何が言いたいのか一度読み取って、それを英語にする必要がある。つまりその日本文が意味する中身を英語にするんだ。

 

和文英訳問題の日本文⇒その文章は何を言いたいのか意味を読み取る⇒それを英語にする

 

 

このプロセスを踏む必要が絶対に必要で元の日本文にこだわってしまうとボロボロな英文になる。一度元の日本語の文章の言いたい事を読み取ったら元の文章はもう見る必要ないから見ないほうがいい。余計なノイズが混じるから。一度読み取った意味をどう英語で書くかは人それぞれの自由であってどんな英文書いてもいい。要は意味さえ相手に伝わればいいんだから、その意味をどのように伝えるかは本人の自由。ここで人それぞれ英文の個性が出てくるんだ。

 

 

ただこれを英語の試験ですると減点される可能性あるかもね。英語の試験なんて恐らく模範解答があってそれを基準に採点してると思うから。つまり模範解答に近い英文に高得点与えるやり方。あくまで想像だから間違ってるかもしれないけど、大量の受験者を採点するならこういうことしてるんじゃないかな。しかしこういう出来る限り模範解答に近い英文を書こうとする訓練はライティング力の向上にとって百害あって一理無しだからやらないほうが良いよ。試験でなくても和文英訳問題に載ってる回答例が唯一の正解だと思ってしまうと非常に有害な勉強法になる。こんな練習してたら逆に英文書けなくなる。自分の言いたいことをどう英語で表現するかが腕の見せ所であり、そのためには自由に英文書ける環境が与えられている必要がある。相手に「言いたい事」を伝えるために英語を書くのであって、模範解答に沿った英文を書くのが目的じゃない。ここを取り違えるとライティング力は向上しないね。

 

 

 

以上から分かるように和文英訳問題のように元の日本文が提示されててそれを英訳するというのは、ただ自分が言いたい事を英語で書くより難易度が高く、英語書くのに慣れてない人がこういった問題ばっかりやってると元の日本文を利用して英語を書く癖が付きやすくむしろ悪影響のほうが大きくなりやすいんだよ。そもそも勉強する順序が間違ってる。日本語の文章が提示されててそれを英語に直すなんて、ただ自分の言いたいことを英語でいうよりずっと難しいんだから。

 

 

zisakuzienita.hatenablog.com

 

 

 

zisakuzienita.hatenablog.com

 

zisakuzienita.hatenablog.com