英語のライティング

英語の書き方についてのブログです

英語は使わないと上手くならない


f:id:zisakuzienita:20200307232906j:image

 

英語のライティングというと大量の英文や単語を予め覚えておいて、そういうストックを使って英語を書くイメージ持ってる人が多いが、少なくとも私はそんなことやって英語のライティング上達したんじゃないんだよね。私がやった方法は大量の英文を辞書使いながらツイッターで英文書きまくって、それを繰り返してるうちに何度も使ってる表現を自然に覚えたという感じなんだよ。

例えば

 

The ps4 sold 100 million units worldwide in 6 years.

 

こういう英文辞書使ってツイートしたとするでしょ。

でもこういう英文って繰り返し書くことになるんだよ。

 

The Nintendo Switch sold 10 million units in Japan in just 3 years.

 

こんな感じで。

こういう英文を何十回も書いてたらこのパターン自然に覚えてしまうんだよ。ゲーム機とかスマホとか何年で何台売れたか書きたい時はこのパターンがぱっと思い浮かぶようになる。大量の英文書くことによってインプット量を増やしていく。もちろん他のフォロワーとかフォーラムで書かれていた英文を覚えておいてそれをライティングに活かすことももちろんやってるが、そうやって覚えておいた英文も実際に使って始めて使える英文として自分の中に定着するのであって、使わずにただ覚えてるだけの英文ってそれがネイティブに通じるという確信が持てない。

 

例えばよく英会話の例文集とかにこんな会話例が載ってるでしょ?

 

John: Hi! Sanae. How are you?

 

Sanae: I'm fine. Thanks!

 

こんな感じで。

こういう例文集とかスマホのアプリとかでもいっぱい出てるけど、実際はこんなものほとんど役に立たないんだよ。こんな例文集なんか使わなくても実際に自分のネイティブのフォロワー同士がしてる会話読んでたほうがよっぽど頭に残るし使える。そうやって実際に行われてる生の会話のパターンを覚えておいて、それを実際に自分でも使ってみるんだよ。これして初めてその英文が使えるのであって、スマホのアプリとかに載ってる例文集とか覚えるのなんかあんまり意味ないと思うんだよね。そもそもそんな勉強苦痛でしょ?全然知らない人の機械的に書かれた例文なんて読んでても退屈なだけだし。だったら自分がよく知ってる自分のフォロワーの英文読んでる方がよっぽど面白いよね。

 

とにかく英語は使わないと絶対に上手くならないから、とにかく使い続けることが重要なんだよ。上手く英文書けるようになってからネイティブとチャットするんじゃなくて、下手なボロボロの英文書きながら少しずつ上手くなっていくんだ。

 

 

 

このようにいつまでも参考書とかスマホのアプリ使って英語を「勉強」してたらいつまで経っても英語出来るようにならない。いわば畳の上で泳ぐ練習してるようなものでほんと無駄な時間費やすことになるんだよ。

 

 

zisakuzienita.hatenablog.com