悪文で有名な伊藤和夫の新基本英文700選を実際にネイティブチェックにかけてみた


f:id:zisakuzienita:20200210013304j:image

 

長年賛否両論の議論が巻き起こってる伊藤和夫の新基本英文700選だが実際の所この本はそんなにゴミなのか? 

まさか伊藤和夫ともあろうものがそんなひどい本出すわけがないと思ってる人も多いだろう。私自身昔伊藤和夫のビジュアル英文解釈を読んでまさに目から鱗が落ちる思いで、英語はこうやって考えたら良いのかとすごく感動したことを覚えている。それまでは全く英語が分からず、勉強しようと思ってもどこが分からないのかも分からない状態で途方に暮れていたが、ビジュアル英文解釈を読んで初めて英語の文章の構造とか、どうやって英語を読んでいったら良いのかを教えてもらい英語理解の取っ掛かりになった。そういう訳で私自身にとっても伊藤和夫という先生は偉大な先生で、これから述べることは本当はあまり言いたくないという気持ちもある。

 

 

 

 

 

正直に言ってこの本は評判通り間違いだらけの酷い本だと言わざるを得ない。全然英語書き慣れてない、ネイティブと話した事も殆ど無い人が書く英文。この本はネイティブチェック入ってるという意見もあるがネイティブチェックなんて入ってる訳がない。入ってるならこんな酷い例文のオンパレードを放置するはずが無い。

 

ただいくら日本人である私がどうこう言った所で信憑性が無いので、実際に例文の1つをネイティブチェックにかけてみた。

 

その例文がこれ

 

700選

例文1

"My house is only 5 minutes' walk from the station."

 

この例文はこの本に収録されている700例文のうちの一番最初に載ってる例文で、まさに一番重要な例文と言っていいだろう。もしこの本が本当にネイティブチェック入ってるなら一番最初の例文を不自然な状態のまま放置するわけがない。

 

 

 

この例文について私の感想を最初に述べるとネイティブに聞くまでも無く見た瞬間英語書き慣れてない人が書いた例文だと分かるね。そもそも「主語+be動詞+名詞」の形をしてたら通常主語=名詞になるはずでしょう。I am Yamada.だと I = Yamadaになるよね。She is my friend. This is his book. だとそれぞれShe = my friend, This = his book.になる。でも上の例文だと My house = walk なんて成立するわけないでしょう。私の家=散歩って意味不明すぎ。この時点でこの英文が無茶苦茶なの分かる。それと後で述べるがこの意味を英文で書く時は、ネイティブは普通こんな言い方しないんだ。つまりこの英文見ただけで伊藤和夫は実際にネイティブが日常的に使ってる英語はどういう英語なのか良くわかってなかったと推測できるんだよ。

 

前置きが長くなったが実際に2人のネイティブに例文1について意見聞いてみて返ってきた回答は以下の通り。

 

ネイティブA【My house is only 5 minutes' away from the station.

away sounds a lot more natural than walk, but if you want to use walk in the sentence, you can say “there is a five minute walk from my house to the station”】


ネイティブB【It takes 5 minutes to walk from the station to my house.

Or “it is a five minute walk from the station to my house”
Both are perfectly natural】

 

ご覧の通りどちらのネイティブも例文1に駄目出しして訂正している。

 

“there is a five minute walk from my house to the station”

“it is a five minute walk from the station to my house”

 

こういう英文とかほんとネイティブっぽいよね。実に英語らしい。

 

でも例文集に載せるべき最重要な例文は

 

"It takes 5 minutes to walk from the station to my house."

 

この英文なんだ。この「It takes 5 minutes to walk」のパターンは非常に重要でネイティブはやたら使う。だから例文集に載せるならこの英文を載せるべきであって

 

700選例文1

"My house is only 5 minutes' walk from the station."

 

こんな英文載せてる時点で例文集としては失格なんだよ。

一番最初に載ってる英文でネイティブからダメ出しされて訂正されるような例文集なんか使う価値あると思う? これはほんの一例で他にも酷い例文のオンパレードなんだよ。例えネイティブが自然だと言った例文でも、「なぜこんな例文を重要例文集として載せるんだ、もっと違う書き方の例文載せるべきだろう」っていう例文がいっぱいある。

 

こういう酷い英文を例文集として堂々と載せていた伊藤和夫は何を考えていたのか?それに関しては伊藤和夫の英語学習法という本の中で彼の気持ちが述べられている。本の中で彼は「自分の書く英文がネイティブから不自然だと言われまくって一時期落ち込んでいた」「ネイティブに聞いても人によって言ってることが全然違う」「世界にはいろんな英語があっていい」「ネイティブの教養の問題もある」「入試レベルの英文を正確に読めるネイティブがそんなにいるとは思えない」といった趣旨の発言をしており最終的には開き直ってる。随分前に読んだっきりなので細かい部分は正確には覚えていないがこういう趣旨の発言は間違いなく本の中でしてるので興味がある人は読んでほしい。

この発言聞いただけで伊藤和夫の英語のライティング力は実際大したことないの推測出来る。ある程度ライティング力ある人ならネイティブの凄さが分かってるはずだからこういうことはまず言わない。なぜなら自分の英文を正しいかどうかを判断するのはネイティブであって文法ではないの知ってるから。

 

 

zisakuzienita.hatenablog.com

 

 

 

 

 

最初に述べたように私自身伊藤和夫は偉大な先生だと思ってる。でもだからといって駄目な部分は駄目だと指摘せずただ称賛してるだけでは間違った英語が広まってしまい犠牲者が増えてしまう。新基本英文700選は間違いだらけの酷い本で絶対に使ったら駄目だということを英語学習者に知らせないと膨大な時間を浪費してしまう人が出てきてしまい、現に今なお犠牲者が増えてる状態。

 

一部には伊藤和夫は新基本英文700選を読解用の重要構文集として書いており、英作文用には書いてないという意見もあるがこれも全く意味不明な意見である。ネイティブに聞いても間違ってると言ってる英文を読解用に使っても何の意味もないのはちょっと考えたら分かるだろう。こういうこと言う人は伊藤和夫を養護したいあまりあえてトンチンカンなこと言ってるんだろうが、駄目な物は駄目だと言わないと間違った勉強方法を広めてしまうことになる。

伊藤和夫は本で英語学んだと思うから実際に英語圏で日常的に使われてる英語がどういったものなのか知らなかったんだろうね。今のようにネットでネイティブが日常的に書く英文も見れなかったし、時代背景を考えたら仕方なかった部分もある。

基本的にはこの本は使わない方がいいよ。もはや時代遅れの過去の遺物のような本であり、今のようにいくらでもネイティブが書く英文をネットで見れる時代にこんな本あえて使う理由は全くない。

 

 

zisakuzienita.hatenablog.com

 

 

 

「あのゲーム速攻ワゴンに行った」って英語で言ってもネイティブに通じなかったわ

 


f:id:zisakuzienita:20200209123245j:image

以前ツイッターで英語で話してる時に

That game went to the wagon quicklyって感じの英文書いたことあるんだよ。速攻値下がりしたという意味で使ったんだけど、彼は

You used an idiom that we didn't know.みたいなこと言ってきた。

つまり私の英語が通じなかったわけ。このワゴンに行ったという表現は日本のゲーム関係のコミュニティでは普通に使われてて、それに完全に慣れてたからついそのまま英語に訳したんだけど通じなかった。でもこれってよく考えたら通じないのも最もだよね。

 

日本では投げ売りのセールス品ってワゴンの中に入ってて、「どれでも980円!」とかやってるけど、こんなことやってない国では意味わかんなくて当然だわ。ワゴンにいったから何なんだ?になるよね。そのゲームはワゴンに行きました(終わりって意味不明だな。こういう日本では当たり前に行われてて、日本人と話してるときは普通に通じることが英語圏のコミュニティでは全然通じないって事がたまにあるね。私の英語が全く理解されないときはこのパターンが多い。こういうこと経験すると、英語書くときにこれは外国人にも理解される内容なのか気にかけるようになる。基本的に同じ趣味同士だとほとんど文化の違いとか感じないんだけど、たまにこういう事あるね。

 

 

zisakuzienita.hatenablog.com

 

ところで上で上げた

That game went to the wagon quickly. 

この英文って本当にここでgo(went)なんか使って良いのか自分でも思う。あとwagonの前のtheもこれaとどっちが正解なんだろって書く時に迷うね。

多分この意味で英文書くなら

That game was threw away into the wagon quickly.

こう書いた方があのゲーム速攻ワゴンに行ったわの意味に近い感じがするね。まあただこう書いても彼らは理解しないだろうけど。ワゴンが投げ売り意味するという発想が無いっぽいから。

ちなみにこのブログで書いてる英文は一応通じるようには書いてるつもりだけど細かい部分では間違ってる可能性あるから注意してね。

 

ワゴンに行ったわ、が英語で使えないのでじゃあどう書けば良いのかというと、

That game's price went down quickly.

こう書くか、または

That game dropped quickly in price.

こんな感じで書けば普通に通じるだろうね。

 

 

 

zisakuzienita.hatenablog.com

 

zisakuzienita.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

ネオジオポケットのキャッチコピーって"I'm not boy"じゃなくて"I'm not BOY"だったのね

20年ほど前にネオジオポケットっていうゲーム機があったんだよ。SNKが当時の格ゲーブームで儲けた金をつぎ込んで無謀にも任天堂ゲームボーイに挑戦して予想通りほとんど売れなかった携帯型ゲーム機

 

その時のポスターがこれ。


f:id:zisakuzienita:20200202224332j:image

 

この時のキャッチコピーが"I'm not BOY"だったんだけど、

私はつい最近まで"I'm not boy"だと思い込んでたんだ。

違い分かる? 

前者のBOYは大文字

後者のboyは小文字

これ大文字か小文字かで全然意味が違って来るんだよ。

長い間"I'm not boy"と思い込んでたからこの英語おかしくねえか?

ってずっと思ってた。"boy"の前にa も the も付けないで英語として成立するのかって疑問だったんだ。このboyは明らかに任天堂Gameboyのこと指してるんだけど、それなら"I'm not the boy"って

すべきじゃないかと思ってた。the を付けてboyの意味を限定してgameboyを遠回しに匂わすことが出来るし。これ a つけたらこのboyは少年を意味するようになるからこれは意味的におかしいよね。この主語の”I”はネオジオポケットなんだし。まあもしGameboyの他に○○boyというゲーム機がいっぱいあるなら、"I'm not a boy"でも意味通るかもしれないけどね。知らんけど。ネオジオポケットはそこらに出回ってるありふれた○○boyっていうゲーム機じゃねえんだって感じで。この場合のboyは少年という意味じゃなくて大量に出回ってる○○boyっていうゲーム機という意味で。適当に言ってるから間違ってるかもしれないけど理屈としては通るよね。あくまで想像だから信じないでね。で、まあ長年"I'm not boy"って英語は違和感あるなあって思ってたんだけど、最近ネオジオポケットのポスター見たら、"I'm not BOY"って書いてんだよ。そうBOYが大文字だったんだ。これなら明らかにこのBOYは何らかの固有名詞指してるからaとかtheとか付けないでも意味通るわな。いわば"I'm not Yamada"とか言ってるようなもんだし。当然このBOYはGameboy指して任天堂挑発してる。

 

 

zisakuzienita.hatenablog.com

 

 

余談だけど当然のごとくネオジオポケットは全然売れなくて、その後SNK自体が倒産したんだよ。倒産した理由はネオジオポケットが売れなかったというよりネオジオワールドっていうテーマパークの失敗が大きいんだけど。それでSNK倒産したからレンタルで大量に出回ってた業務用のネオジオ(MVS)回収して全部海外に売り払った。それでネオジオが海外でも人気出て今だにファンがいるんだよね。今のSNK中国企業だし。中国ではKOF97が大ヒットして今だに人気あるからSNKの版権買い取った。また外人はやたらメタルスラッグ好きで、日本に旅行来るたびにネオジオのロム買い漁ってたから今ロムの値段がえらいことになってる。メタルスラッグ1とかヤフオクで100万円とか値段ついてるからね。

まあ話しそれたけど、結構昔の日本企業が製品のキャッチコピーで使ってる英語っておかしいこと多いんだけど、今回のネオジオポケットに関してはちゃんとした英語使ってたのねと感心したよ。

 

 

zisakuzienita.hatenablog.com

 

英語習得のためには英文法を学ばなければならない理由

 


f:id:zisakuzienita:20200209125003j:image

私達が日頃使ってる言語はある一定のルールに従って運用されている。道路には交通規則があってそれを多くの人が守ってるからこそスムーズに道路が流れるように、言語もそれを使ってる人がその言語のルールに従ってるからこそスムーズにコミュニケーションを取ることができる。その言語のルールをネイティブは成長する過程で自然と周りのいる大人から吸収し身につける。日本人なら周りにいる日本語を話す人々から日本語のルールを自然に吸収し身につける。

このように言語を使うにはその言語のルールを身につけることが必須条件であり、もし他国の言語のように成長する過程で自然に身につけることが出来なかったら後から意識的にそのルールを学ぶ必要がある。

 

例えば日本人は成長する過程で周りにいる日本人から日本語のルールを自然に吸収し身につけているが、英語のルールは身につけていない。周りに英語をしゃべる大人がいなかったのだから当然だろう。この場合、日本人が英語を使えるようになるには意識的に英語のルールを学ぶ必要がある。ある一定の年齢を超えた場合、自然にその言語を身に着けることは不可能であることは多くの人が経験的に知っている。

 

ではどうやってその言語(ここでは英語とする)のルールを学べば良いのかというと、まずは日本語で書かれた文法書か日本語で文法を教えることができる人から英文法(英語のルール)を学ぶ必要がある。日本人は英語が全く出来ないので最初は日本語を通して英文法を学ぶしかない。

だがここで注意してほしいのが、この日本語で学べる英語のルール(文法)は実際に英語圏で使われている英語のルールの一部に過ぎないということ。

一般的に英文法として本や学校で教えられているものは、英語圏で実際に日常的に使われている英語のルールの一部に過ぎず、実際の英語にはもっと膨大な量のルールが存在している。

 

よく言われる文法的には正しいが不自然な英文というのは、正確に言えば「文法書、または学校などで教えられている文法のルールだけで判断するならこの英文は正しい。しかし文法書にも載っておらず、また英語のルールとして言語化もされていないが、ネイティブの間では共通認識として共有されてる言葉の使い方(言葉のルール)に照らし合わせたら間違ってる」英文のことである。

つまり【文法書に記載されてる文法】は【ネイティブの間で共通認識として共有されてる言葉の使い方の一部を纏めただけ】であって、言語の要素全てを法則化したものではない。よって文法書のルールにしたがって英文書いても間違いだらけになるのは当然なのである。

 

 

zisakuzienita.hatenablog.com

 

ではどうやって英語ネイティブが身に着けている英語のルールを日本人が身につけたら良いのかというと、まず最初に日本語で書かれた文法書、または日本語で文法を教えることが出来る人から文法を学び身につける必要がある。上ですでに述べたようにこの文法は不完全で英語という言語のルールの全てを纏めたものではないが、最低限英語ネイティブとコミュニケーションを取れるだけの英語のルールは身につけることが出来る。

 

最低限の英語のルールを身に着けてネイティブの言っていることが理解出来るようになり、またこちらの意志を相手に伝える事が出来るようになったら、次は実際にネイティブと会話を繰り返すなどしてネイティブが身に着けている英語のルールを学び吸収する必要がある。またある英語のルールが理解できない場合、直接ネイティブに質問するなどして理解する必要がある。このレベルの英語のルールの多くは文法書には記載されておらず直接ネイティブに聞く以外に方法が無い。彼らしか質問に答えることが出来ないのである。ネイティブは成長する過程で英語のルールを自然に身に着けているので、教え方が上手い下手があるにせよそのルールを日常的に使いこなしている。よって彼らから多くの英語のルールを吸収し身につけることが出来る。もしこのようにネイティブから直接英語のルールを吸収し身に着けようとしないなら、その人が身に着ける事が出来る英語のルールは文法書に記載されてるレベルに留まり、不完全な英語のルールのままで英語を使い続けることになる。

 

 

zisakuzienita.hatenablog.com

 

このようにネイティブとの会話を繰り返すなどして自分が持ってる英語のルールを、質量ともにいかにネイティブレベルに近づけるかが英語を学ぶということである。この英語のルール、つまり文法を身に着けないと英語習得の道は絶たれてしまう。交通ルールを知らない人は交通規則を守れず事故が頻発するように、英語のルールを身に着けてない人はネイティブとスムーズなコミュニケーションが取れない。そして日本人はその英語のルールを自然に身に着ける事が出来ないので意識的に学ぶ必要があるのである。

 

 

zisakuzienita.hatenablog.com

 

 

 

zisakuzienita.hatenablog.com

 


 

 

 

 

 

 

 

 

英語を書くのに多くの例文を覚える必要あるのか?

 


f:id:zisakuzienita:20200209124454j:image

多くの例文を覚えている方が英語を書きやすいのは当たり前でこれは誰でも分かる。でも意識的に例文集などを使って覚えるのと、実際に会話の中で何度も使って結果的に自然に覚えたというのでは全然違う。個人的には後者のように使ってるうちに自然に覚えたという形でないとその例文使えないと思うよ。 

 

例えばI wonder if this game is enjoyable. という例文があるとする。

この例文で重要な部分は”I wonder if"の部分であり、

この言い回しをライティングで使えるようにするために例文として提示されてる。

でもじゃあこの例文覚えただけで"I wonder if"を自分の文章に組み込んでいきなり自由に使えるのかと言えばなかなか難しいと思うよ。

一度も使ったこと無いと通じるのかどうか確信が持てないから。

言葉というのは実際に自分で使ってみて相手に通じて始めてその言葉が使えたと言えるのであって、一度も使ったこと無い言葉は通じるかどうか確信が持てない。だからいくら例文集なんかで大量に覚えてても使ったことないならそれらはそのままだと宝の持ち腐れになってしまうんだよ。その覚えた例文を使えるようにするには実際に何度も実践で使わないといけない。これしないと自由に使えないんだよ。

だったらわざわざ前もって例文集なんかで無理やり覚えなくても、使いながら自然に覚えたという方法でいいんじゃないのって思うね。

 

例えば私がツイッター

I wonder if this game is enjoyable.

って言う文章を書いてツイートするとする。

この文章は覚えてたんじゃなくて辞書とか使って何とか自分で書いた文章とする。

そしたら私のネイティブのフォロワーの一人が

It's very fun! You should play it as well.

って感じで話しかけて来た。

それで私が

Oh, I will give it a try!

って感じで会話が終了したとする。

 

この一連の流れで分かることは、このネイティブは明らかに

I wonder if this game is enjoyable.

という文章を理解して私に話しかけてきてる。

つまりこの英文はネイティブに通じてるのは明らかであり

この"I wonder if"の表現が実際に使えてる事が実感出来るわけ。

この実際に通じてるという実感を得ることは非常に重要であり、この経験を大量に積むことによって自分の英文がネイティブに通じるという確信が持ててくる。この経験を積まないと何時まで経ってもその英語は使えないままなんだ。

こうやって実際に使った英文だけが使える英文として自分の中に蓄積されていく。

 

 

zisakuzienita.hatenablog.com

 

そもそも何百の例文覚えるのなんて苦痛そのものだし、苦労して覚えたとしても定期的に復習しないと忘れてしまう。これが一年後の英語の試験の為に覚えると言うならまだ分かるよ。その試験当日だけ覚えてたらいいんだから。でも英語なんて10年20年使っていくものだしこんなものずっと覚え続けておくなんてやってられないでしょう。だったら気楽に使いながら自然に覚えたって形の方が続くし、こっちの方が結果的に英語上手くなると個人的には思うね。

 


 

 

英語学ぶのに文法は必要ないとか言ってる人は詐欺師かな


f:id:zisakuzienita:20200209125614j:image

 

たまに英語習得するのに文法学ぶ必要ないとか言ってる人いるんだけどほんと意味不明だね。ネイティブは文法学ばなくても英語喋れるから、日本人も文法学ばずにネイティブと同じようにしてたら英語上達するとかありえない事言ってる。

 

こういうこと言ってる人はネイティブは詳細な文法事項を自然に身に着けてて、個別に文法学ぶ必要ないだけということを理解してない。自然に身に着けてるから学ぶ必要ないだけで、彼らは日本人なんか足元にも及ばないような詳細で綿密な文法をすでに知ってるんだよ。日本人は自然に英文法習得出来る環境で育ってないから意識的に文法学ぶ必要があるだけ。

 

どちらにせよ文法は身につける必要があるのに、それを文法なんて必要ないとか言ってる人は、片言の英語でいいと思ってるか詐欺師かのどちらかだろうね。自分は文法学んで英語できるようになったくせに、文法勉強したくない人を集めて金儲けするために、わざと嘘言って文法なんて勉強しなくても英語できるようになりますよーって宣伝してるとかね。

ネイティブでも詳細な文法事項知ってるのに、日本人は知らなくても英語できるようになるとかどんな理屈だよ。こういう詐欺師に騙されないようにね。

 

 

 

zisakuzienita.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

日本人から英語学ぶ価値あるの?


f:id:zisakuzienita:20200209130007j:image

 

ある程度英語使えるようになったらネイティブから直接学んだほうがいいと思うね。彼らの持ってる英語に関する情報量は膨大で文法書とか話にならんから。そもそも日本人が英語の細かいニュアンスとか本当に教えられるの? その説明あってるの? 本人が間違って思い込んでることが多々あるよね。

 

以前あるブログでbelieveとbelieve inの記事が載っててその人のプロフィール欄見たら留学経験あるとか書いてたからそれ信じてたんだけど、ネイティブの英文読んでたらそのブログのbelieve inの説明では意味が取れないことが多かったんだよ。それでこれちょっとおかしいなと思ってネイティブチェックかけたら案の定そのブログの説明間違ってた。

 

本人に悪気はなくたまたま間違って覚えてただけなんだろうけど、現実問題として英語学ぶ上で何が一番困るのかというと間違った事を教えられるのが一番困る。間違った事を教えられると間違いに気づくまで延々とそれ使い続けるわけで被害が大きい。こういう経験したら日本人の書く英語の説明はちょっと鵜呑みにできないなと思ったね。後からネイティブチェックかけてその説明本当に合ってるのか確認する必要がある。だったら最初からネイティブに直接聞けばいいよねってなってくるんだよ。

 

もちろんネイティブから直接学ぶにはある程度の英語力が必要で、そのレベルの英語力に達していない間は日本人から英語学ぶ価値あるけど、ある程度英語使えるようになったら直接ネイティブから学ぶべきだと思うね。英語の細かいニュアンスとか日本人では絶対に説明できないことでも非常によく知ってる。

 

 

 

zisakuzienita.hatenablog.com

 

ちょっと煽ってるように聞こえるかもしれないが、そもそもTOEIC900点とか英検1級とか言っても全然ネイティブレベルに達してないよね。向こうの中学生の足元にも及ばない程度の英語力しかないのが現実。ネイティブが読めないような洋書読めるとか言ってもそれはその人が読解力あるだけであって英語力がある証明にはならんよ。

 

例えば日本語学習者向けに英検みたいな日本語力検定試験があって、その1級(一番レベル高い)の試験問題やってみた事あるんだけど、こんなテストで高得点取っても日本語できる証明にはならんよねって思ったな。求められてるのは読解力とペーパーテスト慣れであってこれで高得点とってもとてもじゃないが日本人の日本語力の足元にも及ばんのがわかるよ。

 

一応言っておくけど一通りの文法身につけるまでは日本人から文法学ぶ必要あるよ。ネイティブは英語学習者向けの文法は知らないから。これは日本人が日本語学習者用の文法を知らないのと同じ事(ちなみに日本人も学校で日本語の文法学ぶが、日本語学習者向けの日本語の文法は日本人が学ぶ日本語の文法とは全く違う)。

 

だけど一通り文法学んで英語使うのにある程度慣れたら直接ネイティブに疑問点聞いた方がよほど為になると思うね。やっぱネイティブは凄いんだよ。ネイティブと非ネイティブには絶対に超えられない壁がある。あまりネイティブネイティブと言ってたらネイティブ信仰と思われるかもしれないが、基本的にネイティブしか英語分かってないから当たり前のことなんだよ。いくら日本人が英語できると言ってもネイティブに比べたら全然大したことないよね。しかも英語できるフリしてる場合が非常に多い。こういう本当に英語出来るかどうか良くわからない人に英語学ぶくらいなら直接ネイティブに聞いた方がいいよねっていうこと。

 

 

zisakuzienita.hatenablog.com